梅雨に時期に入り、なんだか街、繁華街、駅前が何か臭くなってきましたね。

残念だな?と思うのは、トイレの芳香剤の香りが町中漂っている時。

せっかくなら、もっと素敵な香りが良いな?なんて思ってしまう今日この頃です。

特に、坂の多い町は、臭いがビルの谷間に残っていたりしませんか?

それは、汚水槽、排水槽がポンプアップ(下水道に流す時の作業)で発生します。

トイレが臭いからと言って、安価な芳香剤で、ごまかしていると、滞留した汚水にそのニオイがつき(吸着し)、臭いニオイと混合し、かえって悪臭になります。

水って、意外と消臭になるって知ってますか?

水も霧状になると、悪臭物質を吸着してくれて、除去してくれるんです。

でも、この場合は、逆に、悪臭物質や芳香剤の溶け込んだニオイを含む水は良くないというです。

どうすれば良いか?

香りも選ぶこと、と、悪臭物質を取り除くこと。

この2点です。

快適な環境で、梅雨も乗り切りたいですね。

ニオイでお困りの際は、臭気判定士が在籍している当社まで、お問い合わせください。