飲食店の厨房のニオイ、悪臭対策のポイントは、グリストラップ清掃です。

BSK菌は、グリストラップ清掃にも使われております。

飲食店の厨房の台所の下に必ずグリストラップ(グリーストラップ)という固形物回収場所があります。

油や汚れが多い排水をそのまま下水道の流すと、下水道の処理場が大変なので、腐敗する前に、各飲食店で、油と固形物のみを回収する場所、通常、グリストラップ(グリーストラップ)と呼びます。

なので、毎日、閉店後、油とごみ回収を行わないといけないのですが、管理を怠ると、悪臭の発生源になります。

三連休明けなど排水が溜まっていると、店舗が臭かったりするのは、グリストラップの排水が腐っていたり、その先の配管が汚れていたりすることからです。

そこで、BSK菌の登場です。

ごみをすべて食べてしまうわけではありませんが、滞留している排水の腐敗防止、配管、壁の汚れの軽減にBSK菌が貢献しています。

通常、BSKバイオタブレットを週1回程度清掃後の投入。頻度の激しいところには、BSKバイオパウダーをおすすめしています。

BSK菌対策前のグリストラップ
BSK菌対策前のグリストラップ
BSK菌対策後のグリストラップ
BSK菌対策後のグリストラップ