3月8日に植えたいちごの苗から1か月10日で、赤い実が出来ました。

一年中、美味しいいちごが食べられると良いよね、でもコストはあまりかけたくない。という農家さんの声から、四季成りイチゴ、一年中生育可能ないちごの苗で、いちご水耕栽培を2019年3月8日から、始めました。

夏の暑さのコントロールを考えて、水耕栽培で行うことにしました。もちろん、水の状態を良くするために、BSK菌を定期的に投入しています。

水は、特殊なろ過装置を使い、水温はコントロールしています。

1か月10日経って、赤い食べられるいちごが出来始めています。とても順調です。農薬は、使っていません。これから、夏を乗り切れるか、楽しみです。